FC2ブログ

ぶちぶち日和

ぶちぶちダックスプッチと春花の毎日

2008.05.28 Wed 00:26
たくさんの皆さんにご心配をおかけしましたが、
プッチのマットは無事に摘出されました。
内視鏡では取れず、開腹手術となってしまいましたが、
今のところ、問題はないようです。
励ましのコメント、ありがとうございました~。
とても勇気づけられました。


本日はとても長い一日だったので、長文になりますがご了承くださいまし。


プッチと病院に到着したのが9時頃。
日本動物高度医療センターという病院です。昨年オープンしたばかりだそうですよ。


病院
おお、高度な感じ。


病院2
この病院、2重の自動ドアになってるのですが、動物の飛び出しを防ぐため、中の自動ドアが完璧に閉まるまで、入り口の自動ドアが開かない仕組みになってます。
まさに、高度~。



なんて、のんきなことを言ってるのも今のうち。
動物版東京医療センターという感じの病院でした。
診察室5で先生に診てもらったプッチ。


主治医の先生、麻酔の先生、お付の先生(研修医?)2名と
総勢4名が待っていてくれました。
レントゲンを撮り、血液検査をして内視鏡手術へ入ります。
もし、取れそうもなかったら開腹手術を受けることに同意しました。


12時に手術開始。
私はお昼を食べに一旦外へ。
パパは仕事へ。



手術が終わるまで4階にあるラウンジ兼面会スペースで待ってました。
1時半過ぎに麻酔の先生が手術装束のままやってきました。
やだわ、なんだか緊迫感。
「内視鏡でマットは確認できましたが、1枚が胃に張り付いていて
内視鏡では無理です。開腹してもよろしいですか。」
パパのケータイにも連絡がきたそうです。
もちろん、摘出してもらいたいのでお願いしました。


プッチの手術を待ってる間が長く辛い時間でした。
ラウンジに集まってる入院患者の面会チームはみなさんとても重症のよう。
「ここでダメならもう後がない」そんなお話が聞こえてきます。
はっきり言ってプッチは病気じゃないので、
全くもって申し訳ない気持ちいっぱいです。
食べなくていいものを食べたから・・・私もなんだか落ち込んでいたら
4時過ぎに主治医の先生が登場。



「無事に終わりました。これが取り出した物です。」



画像 029
これが憎きマット!
ひえ~、4枚も入ってたよ。
ありがたくいただいておきました。プッチの麻酔を冷めるのを待って面会です。



さあ、いよいよ冷房が体にしみてまいりました。
もう5時、プッチと一緒に待ってる時は1時間くらい平気なんだけど
一人だと辛いなぁ。
とぼやいていたら、5時半にプッチ登場~。


画像 030
まだ鎮痛剤が残ってるのでぼや~んとしてます。
ぐぐぐぐ~と小さく鳴いてました。30分ほど抱っこしておりましたが、プッチといたら冷房の寒さも気にならず。暖かいね。傷がついていたいだろうに、偉い、偉いね。
プッチは家の大事な子だからね、早く元気になってね。


順調に行けば週末には帰れそうです。
明日から面会に行ける日は会って来ようと思ってます。
とりあえず、一山越しました。次のステップをクリアしてお家に早く帰ろう~。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ



スポンサーサイト



Calendar
2008.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

りか

Author:りか
登場人物

プッチ:ミニチュアダックス
 チョコタン・パイボールド
 2006年3月30日生まれ・戌年

春花:ミニチュアダックス
 チョコダップル
 2008年4月10日生まれ・鼠年 

にゃんこ:パパ(アクティブ戌年)

りか:ママ(のんびり戌年)

最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
ブログ内検索
リンク

Copyright © ぶちぶち日和 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug